staff blog

2014年4月18日

大人気!眉デザイン『コーナー&アーチ』

 

男性の眉デザインには、3つの基本パターンがあります。

 

①『ストレート

   【強さ】を前面に出す

 

②『コーナー&アーチ

   【知的さ】や【優しさ】を出す

 

③『コーナー&コーナー

   【カッコ良さ】や【スタイリッシュさ】を出す

 

 

それぞれに特徴があり、かもしだす雰囲気も違います。そんな中で当サロンで一番多くリクエストのある眉デザインコーナー&アーチ』をご紹介させて頂きます。

 

まず、眉デザインを紙のスタイルシートに書き出したのがこれ。

コーナーアーチ紙

 

次に、実際のデザインのサンプル例がこちらです。

 

コーナーアーチ

 

どうですか?

の下の部分をアーチ状にしているために、与える印象は優しくなります。女性の場合は、眉の上部もアーチにするのですが、男性は基本的に上部は角度をつけます。最近はあえてアーチ状をとることもありますが、基本的にデザインにおいては例外パターンです。眉の上部まで丸みのあるラインをとってしまいますと、少しオカマっぽくなってしまう場合があるんです(笑)。

 

 

男性の3つの基本パターンすべてにおいて、眉山上部はアーチでなく角度をつけます。もちろん、デザインをとるとき、どれくらいの角度をつけるかは、どういった印象を作りたいかという事と眉周辺の筋肉の付き方によって決めます。私たちプロの施術者は、眉デザインを施すうえで、角度をおとしていくこのポイントをCポイントと呼んでますが、このCポイントの置き方が眉スタイリングを施すうえで重要な部分の一つにもなっております。

 

 

また、上記の例では、どちらかというと細めでデザインをとっています。この眉の太さも印象を形作っていくうえでとても重要なのですが、細くすればするほどシャープ感は出てきます。頭を良く見せたり、知的な印象を出したい場合は、基本的に細くすることを念頭に置きます。ただし、注意しなければいけないのは、眉デザインはただ細くすればいいという事ではないということです。細くする幅もお顔立ちや自眉の形によってそれぞれ違ってきます。(太さを維持しままコーナー&アーチをとるパターンも、もちろんあります。)

 

最終的には、やはりバランスをみて太さを決定していくのですが、『どれくらい角度をつけるか?』あるいは、『どのくらい細くするか?』は、私たちがプロの眉施術者として何百、何千人もの男性の眉をデザインして施術させていただいて初めて見えてくる熟練の領域でもあります。

 

 

コーナー&アーチ』デザインは、このようにラインに丸みを入れることにより【優しさ】や【知的さ】を出します。ご自身で眉を整えていらっしゃる方もいるかと思いますが、『コーナー&アーチ』は3つの眉デザインのうち唯一丸みをいれていくデザインのため、お一人でお手入れするにはかなり難易度が高くなります。

 

 

 

ですので、『コーナー&アーチ』を施して【優しさ】や【知的さ】を出したい方は、ぜひ私たちプラスエイトにおまかせ下さい!

 

 

 

 

男眉3大基本パターン】に戻る