staff blog

2014年7月8日

【プラスエイト匠の技】やり過ぎた感を控えめにしたナテュラル眉スタイリング!

 

 

眉毛サロンで眉を整えると、とてもスッキリします。ワキシング技術を使っているので、残したところと取り除いたところのコントラストで、ハッキリと浮き上がってきます。見た目の印象が明るくなり、清潔感も出てきます。周りからの反応も、自分が感じる爽快感もはっきりと出るかとは思います。

 

 

しかしながら、中にはそこまで『やった感』を出したくないけれども、スッキリさせたい!あるいは、自然な中に清潔感を出したいと思う方がいらっしゃいます。特に、今までご自身で眉を整えたことが無い方は、その傾向が強いようです。劇的な変化もいいが、やはり少しずつ変えていきたいという方が多くいらっしゃいます。普段、お顔に化粧などをしない男性だからこそ、眉を触るのに最初は少し抵抗があるのでしょう。プラスエイトでは、そんな少しだけの変化を望む方のご要望にお応えするため、独自の施術技術を開発しました。門外不出で出来れば公にしたくないところですが、実際に施術を受けられる男性の皆さんの不安や疑問を払拭するため、惜しげなく披露させて頂こうと思います。

 

 

 

 

 

 

まず、基本的な施術過程自体は変わりません。眉デザインをとりワキシング、ツィザー処理と一連の流れは『施術の流れ』でご案内している通りです。ポイントは、ワキシングツィザー処理に少し工夫を凝らしています。通常ワキシングで、デザインに不要な眉毛をほぼほぼ取り除きます。これにより取ったところと残したところの区分けが出来て、眉デザインがハッキリと浮き出てくるのです。ですが、ここでハッキリと浮き上がらせるのではなく、少しファジー感を演出して自然な感じを出すために、ワキシングの工程で不要な毛を全て取り除くのではなく、ある部分をワキシングをかけずに残しておくのです。ただ、全く取り除かないと形自体がしっかりと取れないので、形をとるための最低限取り除かないといけない不要な眉毛は毛抜きで一本一本処理を致します。ワキシングをせずに、どの部分を残すかはお客様一人ひとりの自眉の形で変わってきます。マニュアル通りに不要な毛を除去するのではなく、一工夫一手間を惜しまないことで本当のオリジナルデザインを作り出すことが出来ます。

 

 

自然な眉を演出しながら、清潔感明るさを出すことが出来ます!

一手間も二手間もかけることにより、よりご要望に応えた眉スタイリングが実現できるのです。