staff blog

2014年5月11日

男性が眉毛を整える理由

 

男性の方々が、眉毛を整え始めたきっかけは実に様々です。しかしながら、そこに間違いなく理由があります。特に一回だけではなく継続して習慣としている方には、なおのことだと思います。

 

さて、本日は男性の皆さんがなぜ眉毛を整えるのかについて考えてみようかなと思います。まず初めに実際に眉毛を整える意識や習慣のある年代についてお話しすると、20歳前後から30歳までの間の男性の方が全体の7割強を占めます。その中でも特に20歳後半の方が最も多い層になります。その背景について調べてみたのですが、その方々が10代後半のある意味一番多感な年代の社会現象にある特徴的な点が見受けられました。今から10年前の1999年から2003年までの時代、若者の中では「カリスマ美容師」や「カリスマ店員」がもてはやされ、渋谷のQフロントや109全盛の時代でした。つまり、より外面に対する意識が強い時代だったのです。 Nobis canada

 

そんな中、化粧が出来ない男性が向けた矛先が眉毛だったのです。皆さんもご想像できると思うのですが、顔の印象で一番インパクトを与えるのが目です。その目の印象を決定づける眉毛に男性の皆さんが着目したのはいわば当然だったのかもしれません。

 

それでは、さらに掘り下げて「なぜ外面を意識するのか?」を考えてみたいと思います。これを考える上で、とても興味深いデータがあります。

 

 

 

3番目の「当たり前のことだから」というのは、先ほど触れた時代背景から想像できると思います。2番目の「職場の人からの印象をよくするため」というのも、外見に対して強く意識しない男性の方々でも「なるほどな」と共感していただけるものなのかなと思います。ここで着目したいのは一番目の「自分自身が気持ちよく過ごすため」。これに共感して頂くには、おそらく眉スタイリングを実際にやって頂くのが一番だと思います。眉を整えてその変化に一番気付くのは、他でもない自分自身なのです。そして、眉を整えた印象に大きく影響を受けるのも自分自身なのです。男性の皆さんは、もちろん髪を切ったことがあると思います。たとえば、長く伸び生やしてしまった髪をサッパリと短く切った時の爽快感を思い出していただければイメージがつきやすいかなと思います。

 

さらに、眉毛の形・デザインによってかもしだす印象が様々です。それゆえに自分自身が感じる気持ちを様々なのです。それを一種の楽しみとして、あるいは喜びとして、自分自身が気持ちよく過ごせることが何にもまして大切であるという価値観の表れだと思います。

 

私たちプラスエイトは、そんな男性の皆さんのお手伝いをこれからも全力でさせて頂きますね(^^)。