眉毛美容液と眉毛育毛剤の違いについて

眉毛美容液と眉毛育毛剤の違いについて

しっかりと生えた眉毛は男らしさを感じさせますし、誠実な印象も与えてくれます。しかし、元々眉毛が薄くて思うような眉毛の形を作れない方や、若い時に眉毛を抜きすぎて「眉毛が生えにくくなった」という方もいるでしょう。

そこで今回は眉毛をケアできる眉毛美容液と眉毛育毛剤の違いについて解説します。眉毛が薄くてコンプレックスを抱えている方は、眉毛美容液と眉毛育毛剤の違いを知って、ご自身に合ったものを使用しましょう。

眉毛美容液と眉毛育毛剤の違い

さっそく眉毛美容液と眉毛育毛剤の違いを解説していきます。購入する前に、違いを知っておきましょう。

眉毛美容液は今ある眉毛を健康に保つアイテム

眉毛美容液は化粧品の一種で、今生えている眉毛にコシやハリ、ツヤを与え、美しく保つためのものです。眉毛の成長に必要な栄養成分やホルモンが配合されており、塗り続けることで眉毛の状態を改善します。

ただコシ、ハリ、ツヤを与えるだけでなく、眉毛にボリュームを与える効果や抜けにくくする効果が期待できるような物もあります。眉毛にハリがなくなって、整えにくくなってきているように感じているという方は、眉毛美容液を使うことで改善される可能性があるでしょう。

眉毛育毛剤は眉毛の生やす効果が期待できる

眉毛育毛剤は眉毛の育毛に効果が期待できる有効成分が配合された医薬品もしくは医薬部外品です。
医薬品の眉毛育毛剤は、毛根に直接働きかけることで発毛を促す成分を配合しています。

一定以上の効果が認められているもののみ医薬品として承認されるため、眉毛育毛剤のなかでも効果を実感しやすいです。育毛を促すために強い成分を使用していることが多いので、副作用のリスクもあります。眉毛につける前に腕の内側などでパッチテストを行うようにしてください。

医薬部外品は医薬品ほどの効果があるとは言えませんが、副作用のリスクを避けることができ、眉毛美容液よりは効果を実感しやすいです。ただ、医薬部外品でも体質によっては副作用が出てしまうこともあります。

自分に合った眉毛美容液・眉毛育毛剤の選び方

自分に合った眉毛美容液と眉毛育毛剤
自分に合った眉毛美容液・眉毛育毛剤を選ぶ時のポイントを紹介します。眉毛美容液も眉毛育毛剤もたくさんの種類が売られているので、ポイントを押さえてご自身に合ったものを選んでください。

1. 塗りやすさ

眉毛美容液や眉毛育毛剤は、いくつか形状があります。
形状で多いのは女性が使用するマスカラのような形をしていて、キャップにチップやブラシがついているものです。チップタイプは、眉毛全体にさっと塗れます。チップの先端が斜めになっているタイプであれば、眉毛が薄くて気になる箇所にピンポイントで塗れるので無駄がありません。

ブラシタイプは、眉毛1本1本をとかすようにして塗るので、美容液や育毛剤を眉毛に馴染ませられるのが特徴です。チップタイプより塗布に時間がかかりますが、しっかりケアしたいならブラシタイプを選ぶとよいでしょう。

また、ペンタイプやチューブタイプもあります。ペンタイプはチップタイプよりもピンポイントでの塗布が可能です。つける量を自分で調整しながら塗りたいという場合は、チューブタイプを選ぶと調節しやすくなります。

2. 価格

眉毛美容液や眉毛育毛剤の価格はピンキリです。どちらを使用する場合でも、即効性があるわけではないので、ある程度の期間は塗り続けなければなりません。そのため、効果があると評判のよい眉毛美容液や眉毛育毛剤でも、続けられなければ思うような効果が得られないこともあります。

眉毛美容液や眉毛育毛剤を選ぶときは、眉毛の毛周期に合わせて最低でも3~4カ月程度は無理なく続けられる価格のものを選ぶようにしましょう。

3. 有効性と肌への刺激

眉毛美容液と眉毛育毛剤の違いでも解説しましたが、効果が実感しやすいのは、医薬品の眉毛育毛剤→医薬部外品の眉毛育毛剤→眉毛美容液の順番です。医薬品の眉毛育毛剤のみが、効果を認められたものになります。

ただ、肌への刺激が強いのも、医薬品の眉毛育毛剤→医薬部外品の眉毛育毛剤→眉毛美容液の順番です。効果を求めて初めから医薬品の眉毛育毛剤を使うのもよいですが、肌への刺激が心配な方は眉毛美容液や医薬部外品の眉毛育毛剤から始めてみましょう。眉毛美容液でも効果を感じている人もいます。

4. 口コミ

初めて眉毛美容液や眉毛育毛剤を購入するときは口コミが参考になります。気になっている眉毛美容液や眉毛育毛剤があれば、まずは口コミサイトで商品の口コミをチェックしましょう。

どんなによい商品でも必ずしも万人に効果が出るわけではないですが、すでに使用したことがある人の声は眉毛美容液・眉毛育毛剤選びの役に立つはずです。
また、メンズサロンなどで自分に合う商品がどんなものか相談してみるのもよいでしょう。

眉毛美容液や眉毛育毛剤を使用するうえでの注意点

眉毛美容液や眉毛育毛剤を使用する際は、3つのポイントに注意しましょう。

肌に違和感を持ったら使用をやめる

眉毛美容液・眉毛育毛剤を使用して、肌に何らかの違和感を持った場合はすぐに使用を中止しましょう。成分が強すぎたり、肌に合っていなかったりする可能性があります。そのまま使用しても眉毛が生えるどころか、肌がボロボロになってしまいかねません。

キズや肌トラブルある箇所には塗らない

肌にキズができている場合や、かぶれやニキビなど肌トラブルができている場合は、完治するまで眉毛美容液や眉毛育毛剤を使用しないでください。そのまま使用すると、キズの治りや肌トラブルを悪化させてしまう可能性があります。

髪に塗らない

同じ毛なので、眉毛美容液や眉毛育毛剤を髪の毛にも使おうと考えている方もいるかもしれません。

しかし同じ毛であっても、眉毛と髪の毛では髪の毛が成長するサイクルである毛周期や発毛・育毛に必要な成分が異なります。そのため眉毛美容液や眉毛育毛剤を髪の毛に使っても思うような効果は得られません。髪の毛には使用しないようにしましょう。また、髪の毛に使っている発毛剤や育毛剤を眉毛に使用するのもNGです。

眉毛が生えてくるまではアイブロウを使うのがおすすめ

男性は女性と違ってメイクをしない人が大半なので、眉毛が薄かったり細かったりしても、そのまま生活している方も多いかもしれません。しかし、最近はアイブロウを使用する男性も多いです。アイブロウペンシルなら、1本1本眉毛を描くようにすれば自然に仕上がります。眉毛美容液や眉毛育毛剤を使用してもすぐに効果は得られませんから、眉毛が生えてくるまではアイブロウでカバーするのがおすすめです。

できるだけ高い効果を実感したいなら医薬品の眉毛育毛剤がおすすめ

今回紹介した通り、眉毛美容液・眉毛育毛剤のなかで、唯一効果が認められているのは医薬品の眉毛育毛剤です。高い効果を得たいなら、医薬品の眉毛育毛剤から始めてみましょう。敏感肌の方や不安な方は、眉毛美容液や医薬部外品の眉毛育毛剤から始めてみてください。効果が出るには3・4カ月の期間が必要ですから、時間をかけて眉毛ケアをしましょう。

よく読まれている記事