メンズ向け!顔の形別で似合う眉毛の種類とは

眉毛は顔の印象を大きく変えるパーツだということをご存知でしょうか。女性と違って男性はメイクをしないので、顔の印象はなかなか変わりづらいものなのですが、眉毛の形を変えるだけで印象がガラッと変わることがあります。あまりお手入れしていない人もいるかもしれませんが、自分の元々の眉毛の形が必ずしも似合うとは限りません。今回はメンズ向けに顔の形別で似合う眉毛の種類を紹介します。

眉の形によって顔の印象は大きく変わる

眉毛を整えているという人は、元々の眉毛の形を生かしながら長さや量を整えているナチュラル眉にしている人が多いかもしれません。ただ元々の眉の形が必ずしも、自分の顔型とあっているとは限らないのです。メンズ眉毛の形にもトレンドがありますが、自分に合った眉毛の形を見つければ男前度がグッとアップします。

顔の形別!自分に似合う眉毛の種類とは?

顔の形別自分に似合うメンズ眉毛

それではさっそく顔の形別でメンズに似合う眉毛の形をチェックしていきましょう。

丸顔タイプ

丸顔タイプの男性に似合う眉毛の種類は、眉山の部分をシャープにカーブさせるアーチ型の眉毛です。丸顔タイプの男性はふっくらとしたフェイスラインになのが特徴ですが、男性がシャープな眉毛にすることで顔全体が引き締まり、すっきりとした印象を作り出すことができます。

卵顔タイプ

卵顔タイプの男性はすっきりとしたフェイスラインなので、そのフェイスラインを際立たせる種類の眉毛の形が似合います。おすすめなのは眉毛がアーチを描かない一直線に斜めに伸びた眉毛です。あまり斜めの角度をつけないことで、よりすっきりとシャープな印象を作ることができます。

面長顔タイプ

面長顔タイプの男性におすすめしたい眉毛の種類は、太めの平行眉です。面長顔は縦長の印象が生まれやすい顔型なのですが、目頭と目尻のラインと平行にした太めの眉にすることでバランスを取ることができます。

三角顔タイプ

三角顔タイプの男性は、元々かなりシャープな印象を与えやすい顔型なので、眉毛でソフトな印象を加えるのがおすすめです。おすすめの眉毛の種類は丸みを帯びた曲線型の眉毛です。眉毛で曲線を描くことで柔らかさがプラスされ、元々のシャープさを中和させてくれます。

四角顔タイプ

四角顔はベース型とも呼ばれますが、エラが張っていてフェイスラインに丸みがないのが特徴です。このタイプの顔型の男性におすすめの眉毛の種類は、目尻の延長線上あたりで角度を作るへの字型の眉毛です。眉頭を低めにとって角度をつけ、目尻でアングルをつけます。眉毛を少しだけ長めに作ることで、エラの印象をぼかすことが可能です。

眉毛はどうやって整えればよい?正しい整え方を紹介

眉毛はどうやって整える

眉毛を整えるときに必要なものとは?

普段から眉毛を整えているという人はどのような道具を使って整えているでしょうか。意外と多いのがカミソリだけを使って整えている男性です。また毛抜きを使って、無駄な毛だけを抜いているという人もいるでしょう。ただカミソリや毛抜きを使うだけでは、剃りすぎてしまったり、形を綺麗に整えることはなかなか難しくなってしまいます。
眉毛を整えるときに最低限揃えておきたいのは眉用カミソリもしくは眉用の電動シェーバー、眉コーム、眉ハサミです。また最初に形を整えるときや慣れていない間は、失敗しないように下書きするとやりやすいので、女性用のアイブロウペンシルを使うのがおすすめです。

アイブロウペンシルで眉毛を描く

まず最初に自分のしたい眉毛の形になるように、アイブロウペンシルを使って下書きをしましょう。このとき必ず左右対称になるようにするのがポイントです。顔型別に紹介した眉毛の種類を参考にしながら、自分に似合う眉毛の形を描いてみましょう。

眉コームを使って眉毛の流れを整える

何もしていない状態の眉毛はかなりボサボサな状態で、毛の流れも一方向ではありません。そこで眉コームを使って眉毛をしっかりとかし、毛の流れを揃えましょう。ここで眉毛の流れを揃えておくことで、切りすぎたり剃りすぎたりするのを防ぐことができます。

下書きからはみ出た部分をハサミでカットする

毛の流れを整えたら下書きからはみ出ている部分の毛をハサミでカットしていきます。丁寧にカットする必要はなく、大体のアウトラインを作るのみでOKです。カミソリやシェーバーを使う前にハサミを使用することで、剃りすぎを防止することができます。またこのときは眉毛自体の長さはまだ整えません。

カミソリやシェーバーで綺麗にアウトラインを作る

大体のアウトラインをハサミで作ったら、あとはカミソリやシェーバーを使って無駄な毛を剃り落とします。肌に刃の部分を軽く押し当てて剃りましょう。産毛が気になる場合もこのときに一緒に剃ります。太い毛がうまくそれない場合は毛抜きで抜いてしまうのも1つの方法です。

眉毛の長さを整える

最後に眉コームとハサミを使って仕上げます。眉毛の上側から斜めにコームを入れ、コームからはみ出ている毛をカットしましょう。眉毛が少ないなと感じる部分がある場合はしなくてもOKです。この工程で仕上げることで、すっきりとした眉毛ができあがります。

うまくできないときはプロに相談を

最近メンズ専門の眉毛スタイリングが増えてきています。なかなか自分では自分に似合う眉毛の形が見つけられない、うまく形を整えたり、長さを変えることができないという人はプロにお任せするのも1つの方法です。眉毛の形を整えるのに失敗すると、外に出かけるのも憂鬱になってしまいますから、まずはプロの似合う形をスタイリングしてもらい、綺麗に整えてもらいましょう。1度形を決めてもらうと、自分でもお手入れしやすくなるのでおすすめです。

自分に似合う眉を探してみよう

顔型別に似合う眉毛の種類を紹介しましたが。丸顔1つとっても人によって顔の輪郭は異なります。アイブロウペンシルを使って眉毛の形を色々描いてみながら、自分に似合う眉毛の形を探してみましょう。今までとは違った印象のなりたかった自分になることができます。