失敗!?眉毛の手入れを間違えたときの対処法

失敗!?眉毛の手入れを間違えたときの対処法

眉毛が第一印象を左右するという意識が高まり、眉毛の手入れをする男性がここ数年で非常に多くなりました。
そんな眉毛のセルフケアをしている人の中で多いのが、「剃りすぎたり抜きすぎたりして、どうやってカバーしたらよいかわからない」という悩みです。

ワンランク上の自分を目指して眉毛を手入れしたのに、失敗してしまって人に会う気分に慣れないというようなときは、絶望的な気持ちになって落胆してしまうものです。

そんな緊急時でも、何とかカバーして、周りの人に気づかれないように日常生活を送る方法があります。
今回は、眉毛の手入れを失敗してしまったときの対処法について解説します。

眉毛の手入れを失敗したときの3つの対処法

眉毛のお手入れを自分で挑戦しても、慣れていないとなかなか難しいことばかりで、気がついたら全く理想とは違った形になってしまっていることがあります。
そんなときは、書く・隠す・待つの3つの方法で対処しましょう。

1.アイブロウペンシルやパウダーを使って書く

眉毛の手入れを失敗してしまったとき、もっともカバーしやすいのがアイブロウペンシルやパウダーで書き足すことです。

アイブロウペンシルとは「眉ペン」のことです。
失敗した部分が少しならば、アイブロウペンシルで書き足すことで、修正が可能です。

アイブロウペンシルは眉毛を1本ずつ書き足すイメージ

アイブロウペンシルを使うときは、手の力をぬいて、眉毛の流れに沿って1本ずつ書き足すイメージで描きます。
眉毛になじませることによって、自然な仕上がりにすることがポイントです。

自然な眉毛を作るためにも、アイブロウペンシル選びは、非常に大切です。
自分の眉毛に溶け込むような色を選ぶこと、楕円形で先が細く、細さも太さも出せるものを選ぶことが大切です。

また、大幅に剃りすぎたり抜きすぎたりして、広い範囲で眉毛を足したい場合は、パウダータイプを使いましょう。
たいていの商品は2色以上の色がセットになっています。

薄い色から使用して、眉毛が欲しい所にポンポンとのせるように足していきます。
眉毛の中央は濃い色で重ね、眉頭や眉尻は薄めに仕上げると、自然な仕上がりになります。

2.眼鏡・帽子・前髪で眉毛を隠す

手入れに失敗した眉毛を人の視線からそらすために、眼鏡・帽子・前髪を使って隠すという対処法もあります。
それぞれの対処法に条件があるので、自分に合う方法を選んで試してみましょう。

眼鏡やサングラスで隠す

普段コンタクトをしている人ならば、眉毛を隠したい期間だけ眼鏡を使うことで、眉毛を目立たなくすることが可能です。

眼鏡をかけるとフレームの印象が強くなり、眉毛の存在感を薄くすることができます。だて眼鏡やサングラスでも同じ効果が得られます。

帽子で隠す

ビジネスシーンなどでは難しいですが、帽子を被ることで、失敗した眉毛を隠すことも可能です。
服とコーディネートした帽子を深く被れば、眉毛の上まで影ができて眉毛が見えなくなり、さりげなく隠すことができます。

季節によってはニットキャップも同様に使えるでしょう。
帽子はおしゃれな印象を作りやすいので、普段被らない人が被れば、かえって新しい魅力に出会えるかもしれません。

前髪で隠す

前髪が長めならば、前に下ろして眉毛を隠すことが可能です。
失敗した眉毛が片方だった場合は、失敗したほうに前髪を流し、自然な斜めラインを作れば、顔の印象も暗くならないでしょう。

普段前髪に立ち上がるクセがついている人は、ドライヤーかヘアアイロンで前方に伸ばすように形づくると、長さが出せることもあります。
さらにワックスなどで固定させれば、長時間キープできるので、試してみましょう。

両方の眉毛を隠すために前髪を全部下した場合、重くて暗いイメージになり、印象が悪くなる恐れもあります。
眉毛だけを気にして全体の印象が悪くなることは、逆にマイナスです。
鏡を見て、自分の顔全体の印象も大切にしましょう。

3.眉毛が伸びるのを待つ

眉毛の手入れに失敗したら、上記のような対処法で乗り切りながら、とにかく伸びるのを待つしかありません。

失敗を修正しようと、さらにハサミやシェーバーを使うことは絶対にやめましょう。
どんどん自分ではどうしようもない状態になってしまいます。

1度失敗すると、元の状態になるまでに2週間くらいはかかります。
きちんとした眉毛を再度整えるためには、再び眉毛が生えそろうまで我慢するしかありません。

眉毛の手入れによくある4つの失敗

眉毛の手入れをした人なら、だれもが1度は経験していると思われる失敗があります。
今後失敗をしないためにも、よくある失敗事例を見ておきましょう。

1.眉毛を剃りすぎた

眉毛を整えるとき、カミソリやシェーバーはとても便利なアイテムです。
理想の眉毛ラインからはみ出している眉毛を剃ってしまえば、美しいラインがキープできます。

しかし、なんとなく剃ってしまい、後で剃りすぎて後悔することがよく起こります。
不自然な形になる原因は、だいたいが剃りすぎによるものです。

2.眉毛を抜きすぎた

男性の眉毛は1本1本が太く、存在感があります。
その分、数本抜いただけでも雰囲気がガラリと変わってしまうこともあります。

剃ることと違い、抜いてしまうと、眉毛はそこから生えてこなくなります。
眉毛全体の量が減ってしまう恐れもあるので、抜くときは十分注意して、慎重に行いましょう。

3.左右の形が違った

眉毛の手入れにおいて、左右の形がアンバランスになってしまうことは、よくある失敗です。
人間の顔は、左右対称ではない人の方が多いとも言われています。

骨格から左右が違っているのですから、同じように描いているつもりでもバランスが崩れてしまうのも無理はありません。

4. 眉毛の形が似合わない

芸能人など憧れている人の眉毛の形を真似すると、きれいに整えたとしてもしっくりこなかったり、似合わなかったりすることがあります。
眉毛は顔全体のバランスと、顔の骨格をもとに整えることが必須です。

かっこよくなるだろうと、芸能人の眉の形をそのまま真似しても、逆効果になってしまうこともあるのです。

眉毛の手入れを間違えないための3つのポイント

上記のような失敗をして後悔しないためにも、次の3つのポイントに気をつけながら、手入れをしましょう。

1.少しずつ進める

眉毛の手入れは、ゆっくりと少しずつ進めましょう。
男性の眉毛は太く存在感があるので、いきなり大胆に剃ってしまうと、取り返しがつきません。

剃るときも抜くときも、注意深く、少しずつ進めることを忘れないようにしましょう。

2.左右交互に進めていく

眉毛は必ず、左右を交互に処理していきましょう。
片方を仕上げてからもう片方に取りかかると、最初に仕上げた方の眉毛を直したいときに、形を修正する余裕がありません。

左右でやりやすさも違うので、やりにくい方から少しずつ進めて、両方を同時に完成させるようなつもりで交互に処理すれば、大きな失敗は防げます。

3.型をガイドにして手入れする

眉毛を手入れする人のために、最近は男性の眉毛の型(テンプレート)があります。
顔型のタイプごとに、似合う眉毛の型があるので、自分に合うタイプを見つけて、型をガイドに整えてみましょう。

自分で対処できないときは眉毛サロンに頼ろう

眉毛は顔の印象を左右する大切なパーツです。
また生えてくるからと、無計画に剃ったり抜いたりすると「思ったより細くなってしまった」「左右非対称になってしまった」なんてことが起こりかねません。

慎重に整えたつもりなのに失敗してしまった場合は、無理に修正せず、眉毛が伸びてくるのを待ちましょう。

きちんと失敗した眉毛を自分で対処できずに悩んでいるときは、プロに頼むのも1つの方法です。
大切な人と会うときや、写真を撮らなければならないときなど、どうしても眉毛を直しておきたいときは、眉毛サロンを利用しましょう。

左右のバランスを整え、書き足す方法やセルフケアのコツも教えてもらえます。