眉毛の悩みもこれで解決!メンズ眉毛の理想の整え方

初対面の人は、会って3秒で印象が決められるといわれます。その判断材料のひとつが眉毛です。
眉毛の形、太さ、濃さによって、顔の印象は大きく変わります。他人の好感度にも関わる眉毛は、男性にとっても重要なパーツといっても過言ではないでしょう。

男性は女性のように化粧などで眉毛を手入れする機会が少ないため、どうやって整え方に悩む人も多いはず。
今回は、メンズに向けた正しい眉毛の整え方を紹介します。この記事を参考に、誰からも好印象を持ってもらえるような眉毛を目指しましょう。

メンズ眉毛の理想の整え方

メンズ眉毛にも流行りがあります。少し前は「細めの鬼眉」が流行っていましたが、今その形に整えると「田舎のヤンキー」「ダサい」といった印象を持たれてしまうかもしれません。原則として、眉毛は流行りに合った形、太さ、濃さを目指すようにしましょう。

ただ、最初から流行りを追ってしまうのは避けてください。まずは基本的な整え方を覚えて、場数を踏んでから流行りを追ったほうがよいでしょう。

理想とされている眉毛の形はナチュラル眉毛!

近年、理想とされている眉毛の形は「ナチュラル眉毛」といわれている形です。
芸能人でいうと、吉沢亮さんや横浜流星さんなどがあげられるでしょう。眉尻が上に向かって上がっているのではなく、カーブをあまり描かない、自然でどこか優しげのある眉毛が理想となっています。

眉毛が濃く幅が太い人の整え方

濃く太い眉毛の整え方

眉毛が濃すぎて暑苦しい印象になっている人は、眉毛が太いか毛の一本一本が長い傾向にあります。これらに当てはまる人は、まず眉はさみで長さを短くしてみましょう。それだけで軽い印象の眉毛になるはずです。

眉毛の太さに悩んでいるようであれば、眉毛用のカミソリで眉の上ではなく下を整えるようにしましょう。上を剃ると肌の面積が増えておでこが広くなってしまい、顔も大きく見えてしまうかもしれません。

眉舌をカミソリで剃る際は、太さの差をあまり出さず、眉頭から眉尻まで均一の太さで揃えるのが理想です。

眉毛が薄く幅が細い人の整え方

薄く幅の遅い眉毛の整え方

眉毛が薄く細いと、どこか弱弱しい印象を持たれてしまう経験をした男性は少なくないはず。あるいは「田舎のヤンキー」や「ガラが悪い」と言われたことがある人もいるのではないでしょうか。

眉毛が薄い人が取り入れるべき整え方は、眉メイクです。

メイクと聞くと、「女性だけがやるもの」「女性っぽくなる」といったイメージがつきやすいかもしれませんが、近年は眉の薄さや細さをカバーするために眉メイクを行う男性が増えています。道具も簡単に手に入れられるため、やり方とコツさえ覚えてしまえば簡単にできるようになるでしょう。

眉メイクに必要な道具は以下の4つです。

  • アイブロウペンシル
  • アイブロウパウダー
  • アイブロウリキッド
  • ※3つのうちひとつがあればOK

  • アイブロウブラシ

アイブロウペンシル、アイブロウパウダー、アイブロウリキッドにはそれぞれ特徴があります。

アイブロウペンシルは初めて眉メイクをする人におすすめの道具です。毛量が薄い部分に対して書き足すように使います。アイブロウブラシで途中ぼかしながら、全体になじむように書くと自然な仕上がりになるでしょう。

アイブロウパウダーは、眉毛が全体的に薄い人におすすめの道具です。パウダーのため、ペンシルよりも書き足した感が出づらいのがメリットになります。全体的に濃さを出したい人はこちらを使ってみるとよいでしょう。

アイブロウリキッドは部分的に眉毛が薄くなっている人や、眉毛をより立体的に見せたい人におすすめの道具です。ペン先が筆状になっているため、毛を細かく書き足すことができます。毛の流れに沿って優しく書き足していくと、自然な仕上がりになるでしょう。

このように、薄く細い眉毛の手入れをする際は、自分の眉毛がどのような状態でどの機能を持ったアイメイク道具を使えばよいのかを理解したうえで選ぶようにしましょう。なお、上記のメイク道具は眉毛が短い人にも有用です。

眉の書き方がわからず不安な場合は、眉毛サロンで書き方を教えてもらうという方法もあります。自分に合った理想の眉毛の形や太さをレクチャーしてくれるので、とくに眉毛の悩みを抱える人にはおすすめです。

眉毛の悩みに合わせて整え方を覚えよう!

眉毛の悩みは人それぞれです。眉毛の特徴に合った手入れ方法を見つける必要があります。
まずは眉毛の状態を観察し、自分に似合う眉毛を理解したうえでお手入れを行ないましょう。

人の印象は眉毛を変えるだけでも変わります。ぜひ眉毛を整えて好印象の男性を目指してください。