理想の眉毛になるには眉頭、眉山、眉尻のバランスを整えよう!

男性の見た目の印象は、眉毛のバランスによって大きく左右されます。

見た目の印象をアップさせられる理想的な眉毛を実現するためには、眉頭、眉山、眉尻のバランスが大切です。
こちらの記事では、それぞれをどのようなバランスに整えればよいのか、くわしく解説いたします。
また、実際に自分で眉毛のカットをする際におすすめしたい裏ワザもご紹介いたします。

理想の眉毛を実現するための眉頭、眉山、眉尻のバランスは?

理想の眉毛バランス

それでは、男性が理想の眉毛を実現するための「眉頭」「眉山」「眉尻」について、それぞれおすすめの位置・バランスをご紹介いたします。

理想のバランス1. 眉頭:「目頭」の真上

理想的なバランスの眉毛にするための第一歩は、眉頭(眉毛の始まり部分)の位置を整えることです。

理想の眉毛にするために最適な眉頭の位置は、目頭のちょうど真上あたりです。

眉頭が目頭より内側に入ると、眉間が狭い状態になってしまいます。そうなると、気難しそうな印象、見た目がきつい印象になります。印象のデメリットがあるため、おすすめできません。

また、眉頭が目頭よりも外側で眉間が広すぎる状態になると、幼さを感じさせてしまいます。やさしい印象を通り越して頼りない印象も与えてしまいます。これも注意が必要です。

理想のバランス2. 眉山:黒目の外側と目尻の中間部分の真上

眉山とは、眉毛のなかで一番高くなる部分のことです。
この眉山を、どの位置にするかというのも、理想的な眉毛の実現には欠かせないポイントです。

最適な眉山の位置は、黒目の外側の真上というのが少し前までの通説でした。しかし、近年は、「黒目の外側と目尻の中間部分の真上」が、男性の眉山の理想とされています。
今風の印象に整えるためにも、このわずかな違いを押さえておきましょう。

眉山を黒目の外側よりも内側にしてしまうと、なんとなく間の抜けた感じの印象になってしまいます。
逆に、黒目の外側と目尻の中間部分の真上よりも外側に眉山をもってくると、顔がのっぺりと平面的に見えてしまいます。
どちらにもそれなりのリスクがあります。眉山の位置は慎重に見極めましょう。

理想のバランス3. 眉尻:「小鼻」と「目尻」を結んだ線の延長線上

眉尻とは眉毛の終わりの部分のことです。
眉尻は、小鼻と目尻を結んだ線をそのまま延ばした延長線上にするのがおすすめです。

この延長線上よりも眉尻が短いと、幼くぼんやりした印象を与えてしまいます。
逆に長すぎると、不自然な印象を与えてしまいます。

眉尻の位置をしっかりと守り眉毛の長さを適度なバランスに保つようにしましょう。これが、大人の魅力を出しながら自然なエレガントさを出すためのポイントです。

眉毛のバランスを理想的に整えるためのおすすめ裏ワザ

理想の眉バランスを実現!おすすめ裏ワザ

さて、眉毛の理想的なバランスについてここまでご説明してきましたが、この理想的なバランスをきちんと実現するためのおすすめ裏ワザとして「自撮り画像の活用」が挙げられます。

おすすめ裏ワザの手順は、以下のとおりとなります。ぜひお試しくださいね。

手順1. 自分の顔をできるだけ真正面から自撮りする

まずは、自分の顔を真正面から自撮りしてみましょう。
スマホで自撮りした場合は、ミラーモードによって画像が左右反転した状態になるかと思いますが、左右反転したままの状態でかまいません。
デジカメで通常撮影したものなど、画像が左右反転になっていない場合は、あえて左右反転させてください。

自撮りしたものは、自宅やコンビニのプリンターを使って、左右反転の自撮り画像を大きめにプリントアウトします。

手順2. プリントアウトした画像に理想的な眉毛バランスを書き込む

前述したように、「眉頭」「眉山」「眉尻」には理想のバランスがあります。

*眉頭:「目頭」の真上
*眉山:「黒目の外側」と「目尻」の延長線の間
*眉尻:「小鼻」と「目尻」を結んだ線の延長線上

これらのポイントを確認し、実際にプリントアウトした画像に線を引いてみましょう。線を引いてみることで、ポイントがわかりやすくなります。

眉頭、眉山、眉尻をどこにするかポイントが決まったら、さらに、理想とする眉毛の形をマジックで濃く書きます。
より、わかりやすく書くのがおすすめです。

手順3. 左右反転させて違和感がないかチェック

自撮り画像に、理想の眉毛をつくるためのポイントや形を書きこんだら、それをもう一度自撮りモード、つまり左右反転の状態で撮影します。

このときの画像は、左右反転画像をもう一度左右反転させるため、人から見たあなたの顔、ということになります。
これで実際に書きこんだ眉毛に違和感がないかどうかを確認しましょう。

違和感がないと感じたら、いよいよ本当に自分の眉毛を理想的に整えていきます。

手順4. 実際にカットしていく

プリントアウトして眉毛の理想の線を書きこんだ左右反転状態の画像を、鏡に貼ります。鏡に貼るスペースがなければ、鏡の横に貼るか、見えやすい位置に置きます。
それを実際に見ながら、眉毛を眉毛用ハサミでカットしていきます。

左右反転画像は鏡に映った画像と同じです。
すぐ横に見やすいお手本であるプリントアウトした左右反転画像があれば、何もない状態でカットするよりも迷いがなく、スムーズなカットを行えるでしょう。

裏ワザの手順は以上です。

この裏ワザは準備に多少の手間はかかってしまいますが、ぶっつけ本番でやるよりも成功率がグッと高まります。大きなメリットを考え、億劫がらずに試してみてください。

「プリントアウトしなくても、画像加工アプリやソフトを使って画面上で書き込みができる」という方は、鏡の横にその画像を表示するというやり方にするのもよいでしょう。

理想の眉毛を実現するなら男性専用眉サロンへ

ご紹介した「眉頭」「眉山」「眉尻」のバランスを守って眉毛をカットし、スタイリングすれば、それだけで眉毛の印象は大きくアップします。
しかし、本当に理想の眉毛を実現したいなら、眉毛のバランスだけでなく、理想的な形なども追求していく必要があります。

眉毛のバランスも形も、あなたの顔つきなどに合わせてとことん理想的な状態を実現したいとこだわるのであれば、男性専用の眉サロンを利用し、プロにケアしてもらうのがおすすめです。

メンズエステなどでも眉毛のカットやスタイリングを取り扱っているところはありますが、男性専用眉サロンなら、男性の眉毛に対する知識や技術を専門的に積み重ねているという強みがあります。仕上がりに対する安心感が違います。

眉頭、眉山、眉尻のバランスを知って理想の眉毛に整えよう

今回は、理想の眉毛を実現するため、眉頭、眉山、眉尻のバランスについてご説明いたしました。

3つのバランスのすべてが整ってこそ、美しく力強い眉毛が完成します。
どこか一部分のバランスだけ合っていればよい、と考えず、3つのバランスにこだわってください。

3つのバランスを考慮して自分で眉をカット・スタイリングをするのは難しいと感じる方や、バランスだけでなく眉毛の形についてこだわる方は、男性専用の眉サロンを利用するのがおすすめです。