メラビアンの法則とは?見た目を整える重要性

人の第一印象を大きく左右する要素として挙げられるのが、見た目です。

今回は、見た目を整えることの重要性について、有名な「メラビアンの法則」をふまえてわかりやすくご説明いたします。

【視覚情報が重要】メラビアンの法則とは

メラビアンの法則

メラビアンの法則とは、コミュニケーション要素における心理学の法則のひとつで、「3Vの法則」や「7-38-55ルール」ともいわれます。

人とのコミュニケーションにおいて、コミュニケーションをとっている相手の情報を得る三大要素として挙げられるのが、言語情報(Verbal)・聴覚情報(Vocal)・視覚情報(Visual)の3Vです。

そして、この3Vの情報による影響力の%の振り分けは、以下のとおりです。

*言語情報(Verbal):7%
*聴覚情報(Vocal):38%
*視覚情報(Visual):55%

メラビアンの法則が「7-38-55ルール」とも呼ばれるのは、このような%の振り分けの数字があるからこそです。

そして、見てのとおりメラビアンの法則による3Vのなかでも視覚情報の影響力はもっとも高く、相手に与える影響の過半数の%を占めていることがわかります。

言語情報

「言語情報」は、話し手が発する言葉や、話の内容です。
言語情報を使用したコミュニケーションは、「言語コミュニケーション」と呼ばれます。

聴覚情報

「聴覚情報」は、話し手の声の大きさ、声のトーン、口調、などを指します。
38%と、大きな影響力を持ちます。
「非言語コミュニケーション」と呼ばれます。

視覚情報

「視覚情報」は、話し手の見た目、表情、態度、しぐさ、などを指します。
最も大きな55%という影響力を持ちます。
こちらは、聴覚情報と同じく「非言語コミュニケーション」と呼ばれます。

最も重要な視覚情報

メラビアンの法則のなかでも、もっとも重要な存在となっているのは視覚情報ですが、その視覚情報とは具体的にどんなものなのか、わかりやすくご説明いたします。

視覚情報の中身として挙げられるのは、その人をパッと見たときの、全体の印象、表情、仕草、視線などです。

なかでも、全体の印象を整えることはとても大切です。

たとえば、眉や髪・ひげなどのお手入れをきちんとしていて清潔感があり見た目の印象がよい方と、清潔感がなく野暮ったい印象の方とでは、同じ内容のことを話していても、相手に与える印象は異なります。

やはり、清潔感があり見た目の印象がよい方のほうが、話の内容まで相手によい印象を与えることがあるのです。

眉毛を整えて見た目の印象をアップさせる

全体の印象を高めるために大きなポイントとなるのが、眉毛です。

コミュニケーションをとる際に、もっとも見ることが多いのが相手の目ですが、目のすぐ近くにある眉毛も、当然ながら自然と相手の視界に入ってきます。
そのため、眉毛が人に与える印象の影響はかなり大きなものとなります。

男性が、パッと見られたときに、全体の印象をアップさせるためには、目そのものをいじるよりも、眉毛を整えることが適しています。

眉毛なら簡単に整えられる

女性の場合は、まつ毛マスカラなどで目元の印象を変えられます。
しかし、男性用のまつ毛マスカラはまだまだ世間的には浸透していません。
むしろ男性用のマスカラは眉毛用のほうが多く出回っています。

現状では、男性がまず整えるべきは、目よりも眉毛であるという考えが一般的なのがわかります。

また、目を整形して見た目の印象を変えるとなると非常に大がかりなものとなってしまいますが、眉ならカット・スタイリングをすることで簡単に印象を変えられます。
目の整形手術のように、手術の失敗などが発生するリスクがないという安心感もあります。

ところが、これまで眉毛のケアを本格的にしたことがない方にとっては、眉毛を整えるといってもどんな状態にすればよいかわからないものです。
自分にはどんな眉毛のカット・スタイリングが適しているのかを知るためには、男性専用の眉サロンなどを利用してみるのがおすすめです。

眉のデザインについて、納得できるようわかりやすく説明してくれる丁寧なサロンを選べば、より高い満足度を得られます。まずは丁寧にカウンセリングをしてくれるサロンを探すところから始めてみましょう。

メラビアンの法則で重要な見た目の印象を整えよう

メラビアンの法則によると、コミュニケーションの要素において言語情報や聴覚情報よりも、視覚情報は大きな影響力を持っているとされています。

言葉を使ったコミュニケーションも大切ですが、多くの情報を相手に与えるのが視覚情報であることをよく理解しておきましょう。

話し手の見た目、表情、しぐさは、相手に豊かに訴えかけます。
ぜひ、見た目を整えて、周囲によりよい印象を与えていきましょう。