男性も眉毛のこだわりアートメイクでアピールを

男性も眉毛のこだわりアートメイクでアピールを

女性に人気のアートメイクですが、今メンズアートメイクにも注目が集まっています。

男性の中には、眉毛が均一に生えていなくて整えることが難しく、お困りの方も少なくありません。

アイブロウで描くこともできますが、メイクする習慣がない男性は「毎朝、眉毛を自分で描くなんて面倒だな…」と感じてしまいます。

メンズアートメイクなら眉毛を増毛させたように見せ、綺麗に整えることができます。

眉毛のアートメイクについて知りたい方をはじめ、男が眉毛のアートメイクをするのはアリか知りたい方、眉毛のアートメイクの費用相場を知りたい方に向けて、アートメイクの基本情報や料金、具体的な施術の流れをわかりやすく解説します。

当ページをご覧いただく前に、「眉毛によって顔の印象がどう変わるか」「バランスの取れた眉毛とはどういうものか」を知りたい方は、以下のページも合わせてご参照ください。

眉毛が顔の印象を変える!「理想の眉毛」を知りたい方は、まずはこちらをご覧ください

▼目次

そもそも眉毛アートメイクとは

眉毛アートメイクとは専用の機械を使って、眉毛部分の皮膚に着色させる技法のことです。皮膚の中でも、表面の浅い部分に着色する特徴があります。

タトゥー(入れ墨)と同じような方法で色を入れていくのですが、タトゥーのように永久的に残るのではなく数年間だけキープすることができます。もちろん、汗をかいても洗顔しても落ちません。ちょっとしたオシャレ感覚で眉毛のケアをできるのが、眉毛アートメイクの魅力です。

今や男性が眉毛を整えるのも、身だしなみのひとつとなっています。眉毛を整えることで清潔感が出ますから、モテ度もアップすること間違いなしです。

眉毛に薄い部分がある場合、眉毛を整えると薄い部分がどうしても目立ってしまいます。その薄い部分に眉毛アートメイクをすれば、薄い部分をカバーできるのです。

眉毛が薄くなくても、理想的な眉毛の形にしようとすると眉毛が足りないことがあります。シャープな印象を作ろうと眉山に角を作ろうとすると、そこに眉毛がないことがあるのです。そんなときも、眉毛アートメイクを使えば足りない部分の毛を足しているように見えるため、思い通りの眉毛を作ることができますよ。

眉毛アートメイクと眉毛スタイリングの違い

さて、そんな眉毛アートメイクですが、施術内容によっては「眉毛スタイリング」と呼ばれることもあります。

概要 医療行為
眉毛アートメイク 眉毛部分の皮膚表面の浅い部分に着色させる技法のこと 該当する
眉毛スタイリング ハサミやワックス、毛抜きなどを使って、眉の長さや形を整えること 該当しない

眉毛アートメイクと眉毛スタイリングは、どちらも眉毛をより魅力的に整えるための手段です。

大きな違いとしては、眉毛アートメイクは、眉毛部分の皮膚表面の浅い部分に着色させる技法で、手入れは数年間不要となります。

一方、眉毛スタイリングは、眉毛を整えることが目的です。眉毛スタイリングは、ハサミやワックス、毛抜きなどを使って、眉の長さ・形・量を整えていきます。

眉毛アートメイクは医療行為であることに対して、眉毛スタイリングはサロンやセルフでもできます。また、施術内容、持続期間、費用にも大きな違いがあります。

眉毛アートメイクは男性がしても不自然ではない

眉毛の薄い部分がある男性の中には、アイブロウを使って眉毛を描き足している方もいるかもしれません。

しかし、男性がアイブロウで眉毛を描くと、メイクをしている感が出てしまって不自然に見えてしまうことがあります。

眉毛アートメイクは、技法や施術スタッフのスキルにもよりますが、メイクよりも自然に眉毛を描き足すことが可能です。

女性向けのアートメイクはメイクをしているような仕上がりにすることが多いのですが、メンズアートメイクの場合は、ナチュラルに毛が生えているような仕上がりになります。

男性向けと女性向けのアートメイクの違い

男性向けと女性向けのアートメイクは、基本的に施術において違いはありません。男性は、りりしさを強調した眉のアートメイクが特徴的です。

一方、女性は女性らしく華やかで上品な印象を与える眉のアートメイクが人気です。

男性アートメイクの眉デザインの種類

ここで、男性アートメイクの眉デザインの主な種類をご紹介します。実際、施術を行うときには、個人の骨格や眉の黄金比などを考慮して、より似合う形に調整をしていきます。

スタンダード

男性らしい印象で、キリっとした印象になる、メンズ眉の定番デザインです。直線に、やや角度をつけた形になっています。

顔の印象をより強く、はっきりさせたい方におすすめです。

ナチュラル

もともとの眉を生かして、自然に毛並みを整えるデザインです。優しいイメージや、温かみを与えたい方におすすめです。

インテリジェンス

知的さと清潔感が漂うデザインです。直線に曲線を組み合わせることが特徴で、大人っぽい印象に仕上げることができます。

クール

細めのデザインで、中性的なムードが漂うデザインです。洗練された印象になって、都会的なスタイリッシュさが出ます。

なお、顔の形に合った眉毛の形については以下のページで詳しく紹介しています。気になる方は、ぜひチェックしてみてください。

失敗しない眉毛の整え方とは?顔の形に合った眉毛の形を紹介

 

男性にこそ眉毛アートメイクがおすすめな3つの理由

男性も眉毛のこだわりアートメイクでアピールを

メンズ眉毛アートメイクが注目されるのには理由があります。

男性にこそ眉毛アートメイクがおすすめな3つの理由をご紹介いたします。

理由1. 理想の眉毛をキープできる

眉毛が薄く、あるべき部分に毛がないと、思い通りに眉毛を作ることができません。

眉毛アートメイクなら、自毛が足りないところをカバーできるため、アートメイクが消えるまでずっと理想の眉毛をキープできます。

慣れない男性が眉毛を整えると、眉毛が薄い部分や眉毛がない部分がかえって目立ってしまうなんてことも。せっかく理想の眉毛に整えているのに、イマイチ決まらないのは残念です。

眉毛アートメイクをしておけば薄い部分や足りない部分をカバーできるため、いつでも理想的な眉毛の形をキープできます。

理由2. 眉毛のお手入れが楽になる

男性が眉毛を整えるのは身だしなみのひとつです。

ビジネスシーンでもプライベートでも、眉毛を整えておけば清潔な見た目が保てます。

ところが、眉毛のお手入れはなかなか大変だと感じている男性は多いようです。眉毛はすぐ生えてくるので、毎回形を考えながらカットするのはなかなか手間がかかります。

眉毛アートメイクは理想の形を決めて施術してもらえば、あとはそれに沿って眉毛をカットするだけで済みます。

普段のお手入れでは、毛を抜いたりはみ出ている部分をカットしたりするだけです。お手入れは断然楽です。

理由3. うっかり顔を擦っても落ちない

アイブロウを使って眉毛を描き足している男性もいらっしゃるでしょう。

眉をアイブロウで描き足している場合、顔を洗えば落ちてしまいます。

メイクをする習慣がない男性は、無意識に眉毛部分を擦ってしまうことがあります。外回りで汗をたくさんかく男性やスポーツをしている男性では、日中でも眉メイクが落ちてしまう可能性はかなり高いです。

眉毛アートメイクなら、一度施術してしまえば数年は落ちないため、安心です。眉メイクをナチュラルに見せるのはテクニックが必要ですし、時間もかかります。眉毛アートメイクをしておけば、朝の準備にかかる時間も短縮することができるでしょう。

アートメイクがおすすめの方

アートメイクは、人に見られる機会が多い方におすすめです。営業や接客業、そして経営者など、人前に出ることが多い男性はメンズアートメイクを検討してみてはいかがでしょうか。

実際に、会社の役員や社長のような、年齢層が高い方からの支持も高くなっています。眉を綺麗に整えておくことで清潔感がアップするので、ビジネスシーンで相手に好印象を持ってもらえます。

また、眉毛が薄い・少ない・生えてこないとお悩み方や、眉をケアする手間を減らしたいという方にも最適です。

特に、眉毛を整えるのはいわば「美容室でヘアメイクを行うこと」と同じで、素人にはなかなかハードルが高いのも事実です。

「失敗はしたくない!」「専門家の手で自分に似合う眉毛にしてもらいたい」方は、プロに任せるのが安心ですね。

アートメイクの施術の流れ

アートメイクの施術の流れについてご紹介します。

カウンセリング

専門の施術者によるカウンセリングを行います。施術の方法や、カラー・デザインなど、納得がいくまで相談をしておきましょう。

医師の問診

アートメイクは医療行為であるため、医師による問診が必要です。専門の医師が、施術を希望する箇所に異常がないかどうかを診察します。質問をされる内容は、主に既往歴・肌質・体質についてです。

デザイン決め・修正

カウンセリングにてデザインが決まったら、実際にデザインを作ります。眉の黄金比になるために、丁寧にアイブロウでデザインを描き進めて修正を行います。

麻酔クリームの塗布(麻酔なしでも施術可能)

クリーム状の麻酔を塗っていきます。麻酔を使用すると、あまり痛みを感じなくなります。クリーム塗布後、麻酔が効くまで30分間ほど時間を置きます。

施術

麻酔クリームを拭き取り、施術を開始します。専用の針を使って、丁寧に毛並みを描いていきます。毛並みが描き終われば、筆で眉全体を塗りつぶし、色素を入れていきます。眉に色が入って、余分な色素をぬぐえば終了です。

施術にかかる時間の目安

施術にかかる時間の目安は、トータルで2~3時間です。カウンセリングでは、15分~30分ほど時間がかかります。初回のアートメイクの場合は、複数回に分けて施術を行ったほうが、色も入りやすく、失敗のリスクを減らすことができます。

麻酔クリームは何故使うの?

アートメイクは、毛を抜くような痛みや、脱毛をするときの熱さなどと例えられるように、痛みを伴います。よって、痛みが苦手な方は麻酔を使うのがおすすめです。なお、痛みには個人差があるため、傷みに我慢できない場合は、施術の途中でも遠慮をせず、麻酔を希望するように伝えましょう。麻酔を使用すると、皮膚に何かが触れていると感じる程度になり、痛みを大幅に軽減できます。

費用について

眉のアートメイクは、クリニックによって違いがあります。目安としては、数万~10万円以上となります。ただし、これは2回分施術分の料金であり、修正を依頼する場合は、別途数万円かかります親切で丁寧なカウンセリングを実施してくれるかどうかも、クリニックやサロン選びでは大事なポイントです。

初めてメンズアートメイクを受けるという方も、カウンセリングが納得のいくものであれば、安心して任せることができます。理想のデザインになるまで、妥協することなく寄り添ってくれる店舗を選ぶようにしましょう。

服、髪、そして眉毛。これらはあなた自身の印象を大きく左右します。服や髪型だけでなく、眉毛にもこだわってみませんか?

あなたの骨格・輪郭そして、なりたい自分のイメージに合わせた最適な眉毛を知ることができれば、眉毛を変えるだけで好印象を与えることができますよ。

眉毛が顔の印象を変える!「理想の眉毛」を知りたい方は、まずはこちらをご覧ください

メンズ眉毛アートメイクをするときの注意点

眉毛を整える手間が省ける眉毛アートメイクですが、アートメイクをするときにはいくつか注意しておきたいことがあります。

1. 施術後に落ち着くまでの期間が必要

まず眉毛アートメイクをすると、施術後にその部分にかさぶたができ、かなり眉毛が濃く見えます。

かさぶたができない場合もありますが、施術部分に赤みが出てしまうことがほとんどです。かさぶたが剥がれたり赤みが消えたりすれば自然な状態になりますが、最初は違和感が出てしまうかもしれません。

周りに気づかれたくないという場合は、長期連休の前に施術することをおすすめします。

また、施術後はダウンタイムを取ることが大切です。ダウンタイムとは、施術時についた傷が回復するまでの期間です。ダウンタイムの期間は、約1週間です。期間中は、以下のことに気をつけて過ごしましょう。

  • 水に濡らさない
  • クレンジングをしない
  • 眉毛に刺激を与えない
  • アフターケアを怠らない

2. 流行にとらわれないデザインを選ぶ

眉毛アートメイクは消えないことがメリットですが、消えないことがデメリットになることもあります。

流行している眉毛の形にこだわりすぎると、落ちるまで眉毛の形が変えられません。流行りにとらわれ過ぎず、自分の顔に馴染む眉毛の形を考えることが大切です。

3. 施術後は紫外線に注意

施術して1週間~10日くらいは施術箇所が敏感になっています。中でも気をつけたいのが紫外線です。

アウトドアや海に行く予定がある場合は、スケジュールをしっかり調整しておきましょう。

4. 医師が所属しているサロンを選ぶ

アートメイクは、医師としての資格がある、また医師の管理下で施術をする看護師しかできない規定となっています。

医師免許を有しない方が業として行えば、医師法第17条に違反することになります。よって、必ず医師が所属しているサロンを選ぶようにしましょう。

ですが、「医師(または看護師)がいるから大丈夫」と考えるのは、少し早計かもしれません。

なぜなら、サロンによって施術内容は大きく異なる上、確かな腕を持っているとは限らないからです。眉毛サロンを選ぶ際は、「どんな施術を行っているのか」という点も意識して選ぶことをおすすめします。

また、サロンによっては施術内容と合わせて「ビフォーアフター」や「理想的な眉毛」を公開しているので、「施術後にどんな眉毛になるのか」というイメージを掴みやすいかもしれませんね。

プロに理想の眉毛の形を決めてもらうと安心

眉毛アートメイクでは理想の眉毛の形になるように、毛が薄い部分や足りない部分に色を入れていきます。

そのためには、まず理想の眉毛の形を決めなくてはなりません。自分で形を決めても良いですが、形がアンバランスなままアートメイクをすると形が数年間変えられません。

まずはプロに任せて、理想の形を決めることをおすすめします。

プロなら骨格やなりたいイメージに合わせて左右対称に眉毛の形を作ってくれるため安心です。

後悔しないように、まずは自分にぴったりの眉毛の形を作ってもらいましょう。

アートメイクをおすすめできない方とは

アートメイクは、メリットも多い施術です。しかし、いくつかのリスクも存在するため、すべての方におすすめできるという訳ではありません。

リスクを軽減するために、あらかじめアートメイクに向いていないケースを知っておきましょう。

薬剤へのアレルギーをお持ちの方

薬剤へのアレルギーをお持ちの方は、アートメイクの施術を断られることがあります。他にも、持病をお持ちの方や、何か健康上の不安のある方は、医師に施術の可否を相談しておきましょう。

施術による痛みが我慢できない方

通常、アートメイクは麻酔を使用するため、痛みを最小限に抑えられます。よって、大きな痛みを心配する必要はあまりありませんが、麻酔をしても軽い痛みを感じることはあります。アートメイクは、針を用いて、浅くですが皮膚に傷をつけます。このような施術による痛みが我慢できない方にはおすすめできません。

施術後の赤味や腫れを気にする方

アートメイクは、施術後に炎症を起こし、腫れることがあります。アートメイク施術後の約1週間は、アートメイクによって傷ついた肌の治癒を待つ、ダウンタイムになります。赤味や腫れの多くは、時間が経つと治まりますが、気にする方は注意しておきましょう。

理想の形にならないのは困る方

眉のアートメイクは、施術者が希望のデザインを理解していないと、思っていたような仕上がりにならないこともあります。例えば、吊り上がりすぎたり、長く太くなりすぎたり、といったこともあります。理想の形にならないのは困る方は、事前にしっかりデザインについて話し合いましょう。

アートメイクができない方は眉スタイリングがおすすめ

アートメイクは気になるけれど、「不自然な仕上がりは嫌だ」という男性も少なくありません。他にもさまざまな理由でアートメイクができない方には、専門サロンの眉スタイリングがおすすめです。

眉スタイリングは眉をハサミやブラシ等で整える

眉サロンで行う眉毛スタイリングでは、眉毛の形を綺麗に整えることができます。
アートメイクとは違って、医療行為ではないため、サロンでの施術が可能です。
眉をハサミやブラシ等で整え、眉毛の色の濃さを均一にすることができ、理想の眉毛に近づくことが可能です。

自身の顔に合った眉のデザインを提案する

眉スタイリングでは、お客様の骨格や筋肉、眉毛の生え方、好みをカウンセリングで確認し、個人の顔に合った眉のデザインを提案します。自分の骨格を生かした眉毛がわかるので、自分の美しさを最大限に表現することができます。

薬剤を使わないため、アレルギーの方でも安心

眉スタイリングでは、アートメイクとは異なり、薬剤を使用しません。よって、アレルギーがある方でも安心して受けることができます。

費用は数千円からで、アートメイクより安く済む

アートメイクの費用は数万~10万円以上かかります。一方、眉スタイリングの費用は数千円からとなっているため、比較的負担が少ないのも魅力です。

この他、専門サロンで眉スタイリングを行うメリットや専門サロンの強みについては、以下のページでも詳しく解説しています。眉スタイリングを検討しているけど、「自分で行うのは難しそう…」「サロンだとどんな眉毛になれるの?」という点が気になる方は、ぜひご参照ください。

眉スタイリングは専門サロンがおすすめ メンズ眉サロン「プラスエイト」はここが違う!

眉スタイリングなら「プラスエイト」にお任せください。初回限定で料金が通常料金よりもお安くご利用いただけます。眉は少し整えたり、形を変えたりするだけでも、第一印象が大きく変わるパーツです。眉を整えるだけで、あなたの周囲からの評価は、大きく変化します。眉にお悩みの方は、ぜひ一度プラスエイトにご相談ください。

「プラスエイト」は、全国初!JBS(眉専門学校)に認定されたメンズアイブロウサロンです。顔の印象の決め手となる眉を徹底したカウンセリングと熟練の技術で、あなたの魅力を最大限に引き出すための眉毛ケアをサポートします。

プラスエイト「サロン一覧」のページはこちら!

眉毛のアートメイクと眉スタイリングの違いをよく理解しよう

アートメイクは、眉に入れる入れ墨であり、一度入れると数年は眉毛の形を変えられなくなります。長く持つことはメリットであるものの、その不自然さが気になる、形を変えたい時に変えられないといったデメリットもあります。

眉スタイリングは、ワックスなどを使って眉毛を理想の形にする技術です。継続してお手入れが必要ですが、眉毛専門サロンでスタイリングをしてもらえば、自分自身の眉毛を活かして最大限魅力を引き出す眉毛の形を提案してもらうことができます。人それぞれ、眉毛に関する悩みや希望は異なります。眉アートメイクと眉スタイリングの違いをよく理解し、メリット・デメリット両方知った上で、自分に合った眉作りをしていきましょう。

よく読まれている記事