失敗しない眉毛の整え方とは?顔の形に合った眉毛の形を紹介

失敗しない眉毛の整え方とは?顔の形に合った眉毛の形を紹介

眉毛は、顔の表情を物語る大切なパーツです。顔の与える印象の8割は、眉毛だという説もあるほど重要な役割を持っています。あなたの印象が良く見えるかどうかは、眉次第だといっても過言ではないでしょう。

眉毛に対する意識はさまざまで、人によって定期的にサロンで整えている方や、自分でお手入れをしている方も増加している一方で、ノータッチという方も、まだまだ多くいらっしゃいます。あなたの印象の8割を決める眉毛を顔の形に合ったデザインにしないのは、もったいないと思いませんか?

髪型や服装はカッコよく決めたとしても、眉毛が合ってなかったり、ボサボサだったりすると、台無しになってしまいます。つまり、自分に似合う眉毛の形を知って、お手入れをするだけで、あなたの印象を大きく向上するということです。

眉毛は顔の印象を大きく左右するため、眉毛の形を変えるだけで優しい印象になったり、強面の印象になったりします。
また、眉毛を整えると見た目の清潔感も大きくアップし、好印象を与えることができるなど、さまざまなメリットがあります。

そうはいうものの、セルフで眉のお手入れを行うのは注意が必要です。特に、初めての方は、自分に合った眉毛がわからない状態でお手入れしてしまうと、失敗する可能性が高いため、眉毛のプロに任せるのが安心です。理想の眉毛を手に入れたいと考えている方は、以下のページを見れば、きっと解決できるはずです。

自分の好みが似合っているとは限らない!他の人から見てもイケてる眉毛にしたいならまずはこちらをご覧ください

今回は、初めて眉毛を整えるという方でも失敗しない方法や顔の形に合った眉毛のスタイリングをご紹介します。
メイクに精通している女性と違い、今まで眉毛をいじったことがないという男性は、是非参考にしてください。

顔の形別!理想の眉毛の種類とは?

顔の形にあった眉毛

眉毛の形にはいろいろな種類がありますが、顔の形によって似合うか似合わないかが決まります。
ここをはき違えて、自分の好みのスタイルにしてしまうと、眉毛だけが浮いてしまったり、かっこ悪い印象になったりするので、顔の形に合った眉毛の形を知っておきましょう。

まずは自分の輪郭の形を把握します。そして、輪郭にあった眉毛を選んでいきます。眉毛の角度や長さが変わると、輪郭の長さや横幅の見え方も変わります。眉毛と輪郭がアンバランスだと、不格好に見えてしまうのです。

逆に、輪郭に対して眉毛の形・太さ・長さがベストな組み合わせであれば、あなたの顔は好印象をもたらします。ここでは、「丸顔」「ベース型」「面長」「逆三角形」の4つの主な輪郭別に、似合う眉毛の形を解説します。

丸顔に似合う眉毛の形

丸顔は、顔の下半分にボリュームがあるので、フェイスラインの丸みに合わせたアーチ状の眉毛がおすすめです。
眉山を尖らせてしまうと、眉だけがシャープになって柔らかい印象の顔とギャップが目立ってしまいます。
角度をつけすぎないアーチ状にすれば、顔の下部分と眉毛で上手にバランスが取れるので、丸顔の印象が和らぎます。

ベース型の顔に似合う眉の形

ベース型の顔は、えら部分が目立つので眉尻を長めにして視線を上に持って行くスタイルがおすすめです。
眉がしらから眉山までは直線的にして、眉山から眉尻までを緩やかなカーブをつけて下ろしていけば、角張った顔の印象が柔らかくなります。
また、眉尻を長くすることで、ベース型の顔に多く見られる余白部分を埋められて小顔効果も期待できます。

面長の顔に似合う眉の形

面長の顔に似合うのは、平行で短めの眉です。アーチ型にしたり眉山の角度をつけたりすると、余計に顔が縦長に見えてしまうので気をつけてください。
また、面長だと顔の横幅が狭いので、眉毛を長くしてしまうとバランスが悪くなります。
顔の幅より少し短めの長さにすることで、顔の印象がすっきりするので面長を目立たなくさせる効果があります。眉の形が三角形で短い方は、面長の顔に似合う平行で短めの眉にすると良いでしょう。

逆三角形の顔に似合う眉の形

シャープで鋭い印象を持つ逆三角形の顔は、眉毛に角度をつけない直線的な眉の形がおすすめです。
ただし、眉尻まで一直線にするときつい印象になってしまうので、角度をつけすぎないように、ナチュラルな感じで眉尻にカーブをつけましょう。
また、直線でも眉が細すぎると人相が悪くなってしまいますから、眉は気持ち太めにするのがベストです。
自分の輪郭に合った眉の形を知りたいという方は、眉毛サロンを活用するのがおすすめです。また、自分で眉のお手入れをしているから、わざわざサロンには行かなくても大丈夫という方にも、実は眉毛サロンがおすすめです。
自分に似合う眉を知って、一度整えてもらうと、その後のお手入れや眉毛の維持がとても楽になります。

セルフでの眉のお手入れ、「いらない部分を適当に剃るだけ」になってしまっていませんか?
「イマイチ正解がわからない」「この形は時代遅れ?」など、眉毛のお手入れに疑問を感じている方も大勢いらっしゃいます。

眉毛サロンでは、プロに理想のデザインを導き出してもらうことができます。サロンで整えると、仕上がりのクオリティは格段に違いますので、これまでセルフでケアをしていた方も、一度足を運んでみてはいかがでしょうか。

自分の好みが似合っているとは限らない!他の人から見てもイケてる眉毛にしたいならまずはこちらをご覧ください

眉毛の種類別の整え方

眉毛にはいくつかの種類があります。種類別の整え方について解説します。眉毛を整えるだけで、顔つきから変わり性格も明るくなったという方もいらっしゃいます。自分に似合う眉毛の形を見つけて、あなたの印象を大きく向上させましょう。

アーチ状眉毛

まず、アイライナーで眉頭・眉山・眉尻に目印をつけておきます。眉頭の角度は、45~60度程度がベストです。眉の太さは、目の縦幅の2/3程度を意識して、丁寧に眉を削っていきます。

眉尻長めの眉毛

眉を平行より5~10度程度傾斜をつけます。眉山~眉尻は、なだらかなアーチを意識して下書きをしておきます。仕上げに、下書きに沿って慎重に眉を削っていきましょう。

短めの平行眉毛

上ラインの真ん中の丸みをとり、地面と平行にします。角度がついている眉山は、きれいに剃って処理をしましょう。下ラインも同様に平行に整えていきます。眉尻が下がり過ぎている場合は、剃ります。

太めストレート眉毛

眉頭~眉山までは、角度をつけずに平行になるようにしましょう。眉山~眉尻にかけてなだらかなアーチになるように下書きをします。その後、下書きに沿って眉を削っていきます。

基本的な眉毛の整え方をチェックして好感度アップ!

眉毛を変えるだけで、自分の好感度を上げることができます。反対に、眉毛によって印象が悪くなってしまうことも…。他の人の顔を見た際に眉毛が細く、少し怖そうな印象を持ってしまった、というような経験はありませんか?

近年、美意識の高い男性が増えており、眉毛を整えている男性も多くなっていますので、眉毛を整えることはみだしなみとして定着しています。しかし、眉毛の整え方がよくわからないまま、お手入れをしていると、思い描いていた眉毛の形と違ってしまったということになりかねません。

基本的な眉毛の整え方は、以下のページでご紹介していますので、眉毛を整えるのに失敗した経験がある方や自己流で眉毛を整えている方は、ぜひ参考にしてください。

【メンズ】眉毛のカット方法・整え方をマスターしてイケメン眉に

マスク生活が当たり前となった今、目元に注目が集まるのは必然といえます。
マスク着用での会話が定着した今、より自分に似合う眉へとアップデートしてみませんか?

眉毛に合わせた整え方のポイントは?

失敗なし眉毛の整え方

眉毛を整える場合、毛抜きや眉毛切り鋏などを使いますが、失敗しないように整えるには、眉毛のボリュームに合わせたアイテムを使うことがポイントです。
ここでは、眉を整える基本と薄眉と濃い眉に合わせた整え方をご紹介します。

眉毛を整えるには形を決めることが肝心!

眉毛を整えるなら、まずは眉毛の形を決めておきましょう。細くしたいのか、眉尻を長くしたいのか、人によってなりたい眉の形があります。これを明確に決めておかないと、左右非対称になってしまったり、カットしすぎてしまったりするので気をつけてください。
ここで整える眉毛は、その後に顔の形に合わせた眉毛作りの土台になりますから、眉毛のラインからはみ出している部分だけを整えるイメージで形を決めてください。

薄い眉は毛抜きで整える

薄い眉の場合、カミソリで剃ったりハサミでカットしてしまったりすると、形がうまく整いません。毛抜きで1本ずつ抜いていきましょう。
眉毛のラインからはみ出ている毛を挟んだら、毛の流れに沿って、そっと引き抜いてください。
眉尻や眉がしらにバラバラに生えている眉毛も抜いてしまいましょう。ただし、薄眉は細くしすぎると修正がきかないので、余計な部分であってもラインに馴染ませられるようであれば抜かないのがベストです。

濃い眉はアイブローシザーズで整える

眉毛が濃い人は、まず眉毛の流れをしっかり整えましょう。
次に、形が整えやすくなるように、アイブローペンシルでラインを描いてください。左右対称になるようにラインの形を整えたら、まずは眉がしらの毛を立たせて、ラインからはみ出ている部分をカットします。
逆に眉尻は下向きに眉毛を梳かして、下のラインからはみ出ている部分をカットします。
眉の中央部分が濃すぎたり、長すぎたりする場合は、眉毛用のハサミを肌に対して平行に当てて、横に滑らせるように伸びきっている眉毛をカットしていきます。
カットだけで整えられなかった眉毛は、バランスをチェックしながら1本ずつ抜いていきましょう。

自分で整えるのが難しいならメンズ眉毛サロンに相談

眉毛は、形や長さを変えるだけで、印象を大きく変えられるパーツですので、自分を変えたい、好感度を高めたいと思ったら、眉毛のお手入れに目を向けてみましょう。
セルフで整える方もいらっしゃいますが、中には「手先が不器用だから自分でカットするのは不安」という方もいらっしゃいます。顔の印象を左右する大事なパーツですから、失敗したくないという気持ちは当然です。
また、「そもそも自分にはどんな眉毛の形が似合うのかわからない」という方も多いようです。初めて眉毛をお手入れすることに不安がある方は、まずはプロに、似合う眉毛をデザインしてもらうことをおすすめします。

最近では、美容室の中にも眉カットをメニューに組み込んでいる店舗も増えています。しかし、美容室は眉毛のプロではありませんので、本当に自分に似合う眉毛を知るためには、眉毛専門サロンでケアするほうが良いといえます。

眉毛専門サロンなら、あなたが眉毛に対して漠然と抱えているお悩みを聞き、あなたの「なりたいイメージ」をどんどん具体化します。眉毛に対しての知識がなくても、安心して任せられるというのが、専門店に行く大きなメリットです。

理想の眉毛を目指すのであれば、たくさんの方の眉毛をみてきた、眉毛サロンのプロに相談してみませんか?
累計施術数28万件の国内No1の実績を持つ、メンズ眉毛サロン「プラスエイト」なら、あなたにピッタリの眉毛を手に入れることができるでしょう。

プラスエイト「サロン一覧」のページはこちら!

【まとめ】

自分に似合う眉毛を見つけて男子力をアップ!

最近は男性でもエステに行ったり脱毛をしたり、女性と同じぐらい身だしなみを整える方が増えています。そのひとつとして、眉毛を整えるというのも、男性のスタンダードになりつつあります。自分に似合う眉毛の形を見つけて男子力を高めましょう。
初めて整える場合は失敗するかも、と不安な人は、男性専用の眉サロンでまずはプロに整えてもらうのがおすすめです。
自分に似合う形がわかれば後は自分で整えられます。似合う眉の形を作ってくれる眉サロンを活用しましょう。

よく読まれている記事